So-net無料ブログ作成
検索選択

鳩山G会長の大畠氏「冷静に受け止め、対処するしか…」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、東京第五検察審査会が27日、小沢氏に「起訴相当」を議決したことについて、同党鳩山グループ会長の大畠章宏衆院議員は同日、国会内で、「事実は事実として冷静に受け止め、そしてまた冷静に対処するしか…」と述べた。小沢氏の進退論につながるかどうかの質問には「いやあ…いろいろみんなでよく考えるということが重要じゃないですか。それだけですね」と語るだけだった。

【関連記事】
民主「7奉行」の1人、小沢氏起訴相当は「予想通りの結果」
「検察もがんばっちゃったねえ」石川被告は電話で談笑
渡部恒三氏「民の声は天の声」 小沢氏「起訴相当」に苦言
グループ議員からも危機感「小沢幹事長の進退論のきっかけになる」
「適切に対処したい」東京地検次席 小沢氏起訴相当
「裸の王様」次に座るのは…

<JR北海道>IC乗車券で無賃乗車 グループ会社の6人(毎日新聞)
<地震>茨城で震度3=午前7時28分(毎日新聞)
「確かに私は、愚かな総理かもしれません」(読売新聞)
東京、近畿の水俣病訴訟も和解へ(時事通信)
首都高でもエコカー割引検討=新料金制で、前原国交相(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。